「鬼滅の刃」最終巻いつ“全集中”する? 我慢できずに“鬼滅タイム”

4日朝の通勤時間帯に起きた異変。
東京の新宿駅の構内にある書店には、ずらりと行列ができていた。

さらに大崎駅でも行列ができていた。

そのお目当ては、12月4日に最終巻が発売された漫画「鬼滅の刃」。

東京・渋谷にある「SHIBUYA TSUTAYA」の「鬼滅の刃」コーナーは、最終巻がずらっと並べられていた。

この書店では、入荷上限の3,300冊を準備。
しかし、開店と同時に長い行列ができていた。

最終巻と主要キャラクターのフィギュアのセットをゲットした女性は、「(子どもが)学校行っている間に並んであげようと」、「(いつ読む?)今。(子どもより)先に読む」と話した。

「鬼滅争奪戦」は、静岡でも。

平積みされた「鬼滅の刃」に次々と手が伸び、まるでバーゲンセールのよう。

さらに、北海道の行列で見つけた小さな鬼滅ファンは、最終巻を大切そうに抱きかかえていた。

この「鬼滅行列」ができたのは、朝だけではない。

午後1時すぎ、昼を過ぎたあたりから、買い求める人の列が長くなってきた。
休憩中なのか、スーツ姿のサラリーマンもたくさんいた。

でも皆さん、昼間は仕事や用事があって、すぐに読めないのでは?
そこで、どのタイミングで鬼滅の最終巻に“全集中”するのか聞いてみた。

男性「電車では読めない、泣いてしまうので。家に帰ってしっかり読もうかなと」

女性「『朝一に買いに行って』と夫から言われた。最初にわたしがすぐ読みます」

女性「(家で)寝る前に読みます。それまで忙しいので、ちょっと待ってじっくり読みたい」

結末が気になるのをぐっと抑え“我慢の呼吸”。

一方で、4日朝に都内を走る通勤電車では、「鬼滅の刃」の最終巻を読んでいる男性の姿が。

興行収入が275億円を突破し、歴代2位になった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。

たまたま仕事が休みだという女性2人は、書店で「鬼滅の刃」を購入し、徒歩1分の距離にあるカフェに飛び込み、念願の“鬼滅タイム”。
およそ40分後、2人は出てきた。

最終巻をカフェで読み終えた2人組は、「めちゃくちゃ面白かったです」、「静かに会話もせずにずっと淡々と読み終わりました。なんでこんないいときに終わっちゃうんだろうと思って、もっと続いてほしいと思いますけど」などと話した。

社会現象となった「鬼滅の刃」も、漫画はいったん完結。
しかし、鬼滅現象はまだまだ続きそう。

#鬼滅の刃

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

タイトルとURLをコピーしました